2017年01月02日

ノロウイルス対策






ノロウイルス 〜症状と潜伏期間、正しい予防方法〜
https://www.noro-virus.jp/

広がるノロウイルス 家庭での感染対策とは?
http://www.asahi.com/articles/SDI201612265618.html

 ノロウイルスの感染経路で、とくに厄介なのが、嘔吐物や排泄物が乾燥して飛散することによる空気感染です。伝統的な湿式清掃(水洗い、水拭き)であれば、乾燥させずに清掃できるので空気感染のリスクは高くありません。でも、現代は乾式清掃(ほうきで掃いたり、掃除機で吸引したり)をする家庭が一般的なので、嘔吐物や排泄物を洗い流すことができず、拭っても最後は乾燥させてまき散らしています。つまり、空気感染のリスクが高いのですね。

 

 というわけで、洗い流すという方法がとりにくい家庭では、汚染された嘔吐物や排泄物が乾燥して飛散する前に処理することが肝要です。

 

 家庭における具体的な手順は以下の通り。

 

 1)処理する人は使い捨ての手袋とマスクを着用する

 2)嘔吐物や排泄物をペーパータオルなどで静かに集めてビニール袋に入れる

 3)嘔吐物や排泄物で汚染された場所を次亜塩素酸溶液でひたすように拭き、その後、水で拭う

 4)使ったぺーパータオル、手袋とマスクはビニール袋に入れ、全体がひたる量の塩素系殺菌剤をかけてから、しっかり縛って廃棄する

 5)最後に流水と石けんでよく手を洗う

 この他、家庭内で注意すべきノロウイルス対策として、次の2つのことがあります。

 

 まず、症状のある人が食事の準備に関わらないこと。他の家族に頑張ってもらったり、弁当を買ってきたりしましょう。どうしても症状のある家族が食事の準備をしなければならないときは、すべての手順においてマスクと手袋を着用し、加熱調理を原則とします。食器を共用しないことも大切です。症状のある人が箸をつけた惣菜を、他の家族が後から口にしないよう、あらかじめ取り分けておくようにしてください。

 

 次に大切なのは、こまめに手を洗うことです。とくにトイレの後には、石鹸を使って丁寧に洗います。風呂については症状のある人が最後に入るようにし、タオルは共用しないようにします。症状のある人がトイレや風呂を使用した後には、次亜塩素酸ナトリウム溶液で清拭した方がよいかもしれません。

 

 こうした対策の実施期間については、いまだ考え方は定まっていません。厳格な立場をとろうとすると、ウイルスが排出されている可能性のある2週間以上は続ける必要があることになってしまいます。

 

 でも、「ウイルスが含まれていること」と「他者への感染性があること」は必ずしも一致しません。米国CDCのガイドラインでは、ウイルス排出が「高水準」である期間は隔離を行うことが望ましいとし、その期間について「通常は症状が軽快した後の24〜72時間」という考え方を示しています。

 【ノロウィルスで一家全滅】感染力を伝えた漫画がわかりやすい
http://feely.jp/59916/
posted by マルハト企画 at 23:22| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカード番号ってどうやって決まるの?





クレジットカード番号って適当に新しい数字の羅列があてがわれる、って思われてるなら、それは間違いです。良質な数字列がえてしてそうであるように、そこには一定のアルゴリズムが使われているんです。

といっても、カード番号の最初の数字はカード会社によって決まっていて、VISAなら4、マスターカードなら5、アメックスなら34か37という具合です。でも、最初じゃなくて最後の1ケタがミソなんです。Data Geneticsによれば、これがあることでカード番号を書き込んだりコンピューターで入力したりしたとき、その番号が正しい番号かどうかすぐ検知されるんだそうです。

一般的な16ケタのクレジットカード番号では、最初の15ケタはそれを発行する銀行が決めている。が、最後の1ケタは「チェック・デジット」と呼ばれ、前の15ケタに基いて数学的に決まる。


このチェック・デジットをカードの持ち主が自分で選ぶことはできない。それを決定する式を作り出したのはハンス・ペーター・ルーン、1954年当時IBMの研究者であった。このアルゴリズムは当初は特許化されていたが、今では世界標準ISO/IEC 7812−1としてパブリックドメインとなっている。

チェック・デジットを単体で見ただけでは、クレジットカード番号が間違って入力された場合でも間違いを検知できない。仮にチェック・デジットを当てずっぽうで入力しても、10回に1回は当たりになるからだ。が、ルーンのアルゴリズムに基いて数字列全体を見れば、9と6を入れ替えてしまうといった間違いがひとつあるだけでもそれを検知できる。また、隣り合うふたつの数字の順序の間違いも、ほぼすべての数の組み合わせ(09と90の間違いなどいくつかは不可能)において検知できる。これらの間違いはカード番号を書き込むときによく見られるもので、チェック・デジットがその検知に役だっている。

ルーン・アルゴリズムによる副産物は、上にも書いたように、当てずっぽうにチェック・デジットを入れても10回に1回しか当たらないということである。これによって、事情を知らないハッカーや犯罪者が適当に生成したクレジットカード番号を使おうとしても、カードの持ち主は多少ながら守られている。

ちなみにルーンのアルゴリズムとは、こんなものだそうです。

チェック・デジットを含めて右から偶数ケタ目(2ケタ目、4ケタ目、6ケタ目…)の数字にそれぞれ2をかけて、それらの数字を全部合計する。(上の例で34)
右から奇数ケタ目の数字(上の例で33)を、上で出した数字に全部合計する。(上の例で67)
その数を10の倍数(10、20、30…)にするために足す数(上の例で3)が、チェック・デジットになる。

なるほど〜。それで決まった最後の1ケタを足すと、10の倍数になるんですね。あ、やってみたらホントだ…なんか感動。ルーンさん、ありがとうございました




posted by マルハト企画 at 23:12| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

2016年・冬のボーナス貯蓄の準備をはじめよう





◆冬のボーナス期待の買い物は、貯蓄計画を立ててから

2016年夏のボーナスは、経団連(日本経済団体連合会)の発表によると、全体平均で90万5165円と、前年比1.46%のアップでした。昨年2015年の冬のボーナスはというと、88万593万円で前年比3.79%アップ。これは3年連続の増加でした。今年2016年の冬のボーナスも期待したいところです。

支給は先のこと、と思っていると、あっという間にその時はやってきます。今からボーナスの使い道、お金の預け先は検討しておきたいものです。

まず、その前にやってはいけないことを確認しておきましょう。

11月に入るとボーナス商戦が始まり、ついボーナス払いで買い物をしがちです。クレジットカードのリボ払いは問題外ですが、ボーナス払いなら利息がつくわけではないから、と気軽に使いますが、ほとんどの場合、衝動買いか、もしくは本当にボーナスからしか支払いができないかのどちらかです。

こうしたパターンを繰り返す人は、なかなかお金を貯められるようにはなりません。貯蓄は「何かのために、いつか使う」ためにするものです。使うときは貯蓄を取り崩すわけですが、まとまった支出用の貯蓄ができていないのに買い物をする癖がつくと、借金体質へと近づきます。気をつけてください。

そのうえで、せっかくのボーナスですから、日頃、節約で我慢していることもあるでしょう。家電や家具の買い替えを検討している人もいるでしょう。それは大いに楽しんで使うべきです。しかし、あくまでも消費は貯蓄をしてからの話。

この1年でいくら貯蓄ができたのか、目標は達成できたのかを確認し、不足している分はボーナスからの貯蓄額を増やすことで対応しましょう。ボーナスは、家計変動の調整弁でもあるのです。
続きを読む
タグ:2016 ボーナス
posted by マルハト企画 at 22:51| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

オバマの広島でのスピーチ全文

オバマ大統領の広島訪問 所感の全文
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160528/k10010537911000.html で読むことが出来ます。






続きを読む
posted by マルハト企画 at 22:57| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

がん予防に役立つ機能性野菜「ブロッコリースプラウト」の効能

 最近、主婦の間で話題の健康野菜がある。「ブロッコリー スーパースプラウト」というブロッコリーの新芽を商品化したもので、「スルフォラファン」という成分が身体の抗酸化力を高め、がん予防にも役立つ。生産する村上農園はこうした機能性野菜でトップを走っている。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160525-00018104-president-column



続きを読む
posted by マルハト企画 at 16:14| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする